NBDC Research ID: hum0059.v1

 

研究内容の概要

目的: 漿液性卵巣癌において分子プロファイリングをもとに難治がん克服のための新たな治療戦略を確立する。

方法: Illumina HiSeq 2000を使用したExome解析

対象: 卵巣がん65症例の正常組織と原発巣・再発巣の腫瘍組織の合計148検体

 

データID内容制限公開日
JGAS00000000104 NGS(Exome) 制限公開(Type I) 2018/04/06

※リリース情報はこちら

※制限公開データの利用にあたっては、利用申請が必要です。申請方法はこちら

 

分子データ

JGAS00000000104

対象

卵巣がん:65症例(合計148検体)

 正常組織:67検体

 腫瘍組織:81検体

規模 Exome
対象領域(Target Captureの場合) -
Platform Illumina [HiSeq 2000]
ライブラリソース 正常組織と原発巣・再発巣の腫瘍組織から抽出したDNA
検体情報(購入の場合) -
ライブラリ作製方法(キット名)

SureSelect Human All Exon V4 + lincRNA

SureSelect Human All Exon V5 + lincRNA

断片化の方法 超音波断片化(Covaris E220)
ライブラリ構築方法 Paired-end
リード長(除:バーコード、アダプタ、プライマー、リンカー) 100 bp
Japanese Genotype-phenotype Archive Data set ID JGAD00000000109
総データ量 3 TB(fastq)
コメント(利用にあたっての制限事項) NBDC policy および P-DIRECT policy

 

提供者情報

研究代表者: 加藤 一喜

所 属 機 関: がん研有明病院

プロジェクト/研究グループ名: -

科研費/助成金(Research Project Number):

科研費・助成金名タイトル研究課題番号
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム 分子プロファイリングによる新規標的同定を通じた難治がん治療法開発(進行性卵巣がんの治療感受性を規定する遺伝子変異の同定) 15cm0106061h0005
科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(特定奨励費) 先進的がん治療法開発のためのマルチオミック解析による基盤的基礎研究 患者腫瘍検体のゲノム・エピゲノム情報解析とデータベース構築 -

 

関連論文

タイトルDOIデータID
1

 

制限公開データの利用者一覧

研究代表者所属機関利用データID利用期間
Go to top